ブログ

同じ”米”から出来ても味は違います|高槻 肉寿司

同じ”米”から出来ても味は違います|高槻 肉寿司

こんにちは!高槻 肉寿司PR担当です。

 

当店は肉寿司にこだわりを持っておりますが、お寿司に欠かせないのが「お米」。

そんなお米も、ただ食べるだけではなく、飲み物に生まれ変わることも。

そう、お米から出来たお酒です。

「お米」という同じカテゴリーなのに、味がこんなにも違うものが出来るのか・・・

そう感じていただける2つのお酒を今日はご紹介しましょう。

 

辛口好きにはこちらを。

タイトル通り、辛口のお酒が「七冠馬」です。

これは、競走馬”シンボリルドルフ号”をイメージして造られたお酒なのです。

シンボリルドルフ号は、七つの冠を手にした競走馬です。

史上初の七冠を達成するという偉業を成し遂げた競走馬なのです。

流星のような輝きと走り、そんな姿をイメージして造られており、競馬好きの中では有名なお酒なのです。

奥出雲の水と、厳選されたお米で出来ており、辛口なのに口当たりが良いのです。

また、ほのかな香りとキレのある旨味も備わっているお酒なのです。

 

まろやか好きにはこちらを。

次に紹介するのは、先ほどとは反対で、まろやかなお酒「松竹梅 白壁蔵」です。

このお酒は日本古来の製造方法”生酛(きもと)造り”という製法なのです。

伝統的な造り方のため、大変な労力と時間がかかるので、一時期、この製造方法ではほぼ行なわれていなかったことも。

しかし、お酒本来のあり方や味わいなどから、再び行なわれるようになったのです。

この製造方法では、酵母の力が強く、しっかりと奥行きのある味ですが、辛くならず、まろやかなお酒になるのです。

 

どちらもお米の旨味は感じられるのですが、こんなにも違いが出るのかと感じられるお酒となっております。

ぜひ、飲み比べをして、違いを感じてみてくださいね。

 

 

 

 

こだわりある店内と逸品料理

和風なレトロな空間の店内で、自慢の肉寿司をご堪能下さい。馬肉の赤身、せせり、中トロなどの握り達、ローストビーフ、和牛とろカルビ、名物さしとろなどを独自の調理法で仕上げております。
また、肉さし、肉珍味など逸品料理も多数ご用意しております。ぜひご賞味下さい。

本日もみなさまのご来店心よりお待ちしております。

以上、高槻 肉寿司PR担当でした!

各種お問い合わせ・ご予約は下記の電話番号まで!

電話番号:050-5269-7557

ネット予約はこちら!
Facebookはこちら!
Instagramはこちら!

 

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

店舗一覧