ブログ

昔からのものも大事にしたいです|高槻 肉寿司

昔からのものも大事にしたいです|高槻 肉寿司

こんにちは!高槻 肉寿司PR担当です。

 

私たちは、目新しいものにすぐ手を出したりすることが多いですよね。

もちろんそれも大事ですが、昔からのことを続けて行くことも大事ですよね。

当店でも、新しいことへの挑戦と同じくらい、昔からの味にもこだわっております。

 

昔からの味をそのままに・・・

昔からの料理、と言えば、やはり郷土料理や伝統料理などを思い浮かべませすよね。

そんな料理はいつまでも消えることなく、残していきたい財産の1つでもあります。

当店では、”馬肉”の産地・熊本での郷土料理がメニューとしてあることをご存じですか?

それが「桜納豆」です。

当店では、手巻き寿司としてお出ししておりますが、桜納豆とは、桜=馬肉と納豆を合わせたものなのです。

熊本では、郷土料理・家庭料理として広まり、多くの居酒屋さんでも提供されているのです。

馬肉と納豆のネバネバがまた合うので、もちろんお酒のアテとしても地元では人気のようです。

そんな桜納豆を当店ではお寿司にしちゃいました。

馬肉も納豆もそれぞれお寿司には合うので、混ぜても全くもって問題ナシ!

熊本の昔からある味わいを壊さないお寿司になっておりますので、ぜひ召し上がってみてください。

こだわりの水は伝統的な水

次にご紹介するのも、昔からのものを大切に受け継がれているものです。

日本酒の「松竹梅 白壁蔵」です。

何が昔からなのか、というと、このお酒を作る重要な”水”が伝統的であるのです。

西宮市内のとある場所からの水なのですが、そこが六甲山系に降った雨による3種類の伏流水が混じった地域の水なのです。

その水を今から180年近く前に使った酒造家が味の違いに気付き、噂が広がり、その地域の水が「西宮の水」と言われ、使用されるようになったのです。

その名が「宮水」と言われ、今では灘酒には欠かせない水となっているのです。

そんな大事にされてきた水を使った「白壁蔵」は、キレと締まりがあって、強い味わいであることから”男酒”と言われています。

ぜひ、守られてきた水の深みを味わってください。

 

 

こだわりある店内と逸品料理

和風なレトロな空間の店内で、自慢の肉寿司をご堪能下さい。馬肉の赤身、せせり、中トロなどの握り達、ローストビーフ、和牛とろカルビ、名物さしとろなどを独自の調理法で仕上げております。
また、肉さし、肉珍味など逸品料理も多数ご用意しております。ぜひご賞味下さい。

本日もみなさまのご来店心よりお待ちしております。

以上、高槻 肉寿司PR担当でした!

各種お問い合わせ・ご予約は下記の電話番号まで!

電話番号:050-5269-7557

ネット予約はこちら!
Facebookはこちら!
Instagramはこちら!

 

※コース料理に関しまして、内容、構成が一部異なる場合もございます。詳細は、予約時にご確認ください。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

店舗一覧